フリー(募集/投稿など)

▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載⑦/8)

*Q-Site は、WEBライター志望、作家志望の皆さまの発表の場をご提供するとともに、文章を書くことが好きなすべての方々を応援いたします*

 

AI 金庫の贈り物

~BAR ハニー エル・ドラード編~

作:神月 無弐

◆これまでのあらすじ◆
パートナーの協力を得て順調にAI金庫の解錠条件である写真を撮り続ける主人公。訪れた撮影ポイントで見かけた元カノからフラれた本当の理由を聞かされる。このゲームのようなミッションをやり遂げて自分を変えると決意するが・・・

▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載①/8)
▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載②/8)
▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載③/8)
▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載④/8)
▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載⑤/8)
▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載⑥/8)

 

第4章 至悦 ①


◎期限日(最終日)22:00
タイムリミットまであと2時間。僕らは二週間ぶりにBAR ハニー エル・ドラード にいた。最後の1枚はここで撮りたかった。カウンターに並んで座ってミカさんとの2ショットを自撮りする。10,000pt 達成記念 だ。
カシャッ
「ラストの1枚、送るよ」
マスターを含めた三人で顔を見合わせて、AI-金庫にスマホを向けて送信ボタンを押す。
メッセージ音がなってケイタイが光った。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
【ご登録を承認いたしました。現在 10,000pt-解錠充填残 0pt】

>・>(しばらくアプリのチェック音)・・

■期限内有効 承認完了
■解錠条件 コンプリート
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
■解錠コマンド Authorization
■解錠しますか?
( YES ) ↪Enter or cancel
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

とうとうヤッタんだ。
震える指に力を込めて(Enter)をタップ。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
解錠コマンド ALL CREAR
【解錠します】
ご利用ありがとうございました
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ジッ、ジッジ、ガチャリ。

重々しい音とともにAI-金庫の前面扉が自動的に開いた。
「おめでとうございます。新たな制覇者様の誕生です。」
とマスターが笑顔で拍手しながら健闘を称える。
「ヤったわね。よく頑張ったわ。」
ミカさんが右耳に囁いて首すじに優しくKISSしてくれた。
「さあ、お作りしましょうか!?究極のハニー・アルカディア」
「お願いします。」
いろいろあったが、ヘタレの僕がよくやった。今日ばかりは自分を褒めてあげたい。勝利の美酒だ。
マスターはおもむろに真っ白な手袋を両手にはめると儀式でも執り行うかのように厳かな振る舞いでAI-金庫から黄金百花蜜のアンプル1本と金色のカードを取り出し、レシピに従った。アンプルの蓋を折った瞬間、まるで黄金百花蜜の結界が張られたように貸し切り状態の店内が強い甘美な香りで包まれる。陶酔したように無駄のない手さばき、綺麗なシェイキングの一連の動きに魔法にでもかけられたかのように見とれてしまう。
「お待たせしました。究極のカクテル 【ハニー・アルカディア(Honey Arcadia =最愛の理想郷)】でございます。」

ハニー・アルカディアは黄金の台座に乗せられ、手を添える部分に金色のカードが差し込めるように工夫された特別なカクテルグラスに注がれていた。先ほどとは違った何とも言えない甘い香りが鼻を刺激し、これまでの緊張を解き放ってくれる。僕はマスターとミカさんを交互に見てうなずくと、もう一度マスターの目を見てゆっくりと一口含んでみた。一瞬で全身が燃えるように熱くなったかと思うと強烈なハチミツの甘さに襲われた。(うっ、熱い、なんだこれ)それがおさまると一気に草原のようなさわやかなリキュールが後味を別物に変えた。2つの国を同時に旅しているような感覚とでもいうのだろうか。酒というより何かの症状を抑える子供用薬のシロップのような液体で、僕にはお世辞にもおいしいとは言えなかった。
金色のカードを手に取ってみる。変化はない。センターに人差し指を差し込み上下にゆっくりと開いてみる。レシピとばかり思っていたが、そこにはたった1行
― Where is your El Dorado?Feel it.(君のエル・ドラードはどこにある?感じてみて。)―
とだけ書かれていた。
メッセージの通り目を瞑って前回のあの子と行った頑強な太いチェーンが幾重にもかけられた鋼鉄の大きな観音扉をイメージする。
「・・・変わったことは・・・起きないんだけど・・・」
「まあ、そうあわてずに。古来より伝説になったエル・ドラードへのチケットなのですから味わって時をお楽しみください。きっと何かが見えてくるはずです」
「作用するまでには時間がかかるってことですね。じゃ、その間に聞きたいことがあるんだけど」
「はい、私でわかることでしたら。」
「僕より前に金庫を開けた人たちは今何をしているの?以前あれだけネットで話題になったお店に関することなのに、調べても書き込みはおろか解錠者の手掛かりになりそうなコメントは一切出てこないんだ。みんな、生活が一変されたって。」
「はい。お話ししました。その通り、 みな様、人生180度変わられたんです。多くの探検家が命を懸けても探せなかったのですからエル・ドラードに辿り着くにはそれなりの代償は必要なものです。それゆえに当店では解錠に成功された方々に敬意を表して「制覇者様」とお呼びしております。それでは制覇者様の「今」をお話ししましょう。

まずは政治家の制覇者様から。『日本の未来を変えたい』という情熱をもってチャレンジしたとばかり聞いていたのですが、本音は愛人にいいところを見せたいがための一興だとしか思っていなかったようです。写真のポイント蓄積を後援会のアルバイトに指示して人海戦術で解錠条件を満たしました。すべて人任せにして自らは一切苦労することがなかった政治家の制覇者様は、AI-金庫の解錠日に前祝といって高級クラブを二軒はしごして愛人とアフターがてらにおみえになりご機嫌でしたが、せっかくのハニー・アルカディアを味もわからぬうちにリバースしてしまい、愛人には愛想をつかされ、他力に頼った代償として数日後のパーティー会場で以前ご自分の悪事、闇献金疑惑が発覚した時に責任をとらせた第1秘書に体中を刺されてなんとか一命は取り留めましたが現在もなお寝たきりの生活を余儀なくさせらています。当然議員としての生命を断たれ、金の切れ目が縁の切れ目のごとく潮が引くように取り巻きはいなくなり、身の回りの世話をしてくれる者は誰もいません。
パイロットの制覇者様は、乗客のプライバシーを世界中で盗み撮りしてポイントをクリアしましたが、他人のプライベート写真を撮ることが止めることのできない趣味となってしまわれ、盗撮、ストーカー行為と一線を越えてしまわれました。その代償に犯罪者となって警察に。今は何もない空っぽの独房に閉じ込められて頭の中でエル・ドラードの夢を見続けています。
弁護士の制覇者様は、レアな写真がポイントが高いと思い込んで事件現場の写真、現場検証の写真、撮影禁止の法廷や証拠品を隠し撮りしてポイントを稼ぎました。解錠後、運転中に考え事をしていて交通事故を起こしてしまい訴訟を起こされたり、自分の不倫を妻が頼んだ探偵にスクープされ週刊誌でたたかれてしまいました。そして地位も名誉も失って精神に異常をきたしてしまった。
アパレル会社の女性社長だった制覇者様は、女性社員に自社の商品を次々に試着させ、まるでファッション誌のような写真でポイントを攻略なさいましたが、新品として売れなくなった商品や使用済みの下着までを高級コールガールクラブに高額で売りさばき、クラブの背後あった暴力団に目をつけられて会社を乗っ取られてしまいました。今は構成員幹部の娼婦として性病に悩まされながら毎日辱めを受けています。
医師の制覇者様は・・・」
ここまで流暢に話を続けていたマスターの口が急に重くなった。
「医師はどうなったんです?」
マスターはしばらく腕組みをして難しい表情をしたが意を決したように話し出した。
「この医師は典型的なロリコンでした。自分の快楽のためだけに少女と暮らせる安住の地をエル・ドラードに求めて解錠されました。入院中の少女を自宅で監禁し、コスプレをさせたり、喜怒哀楽の表情を撮るためにあちこち連れまわし、時には自分の子供のように、時には年の離れた兄妹のように、そして時には彼女として性行為までを強要して、病弱な彼女の体に負担をかけ続けました。
少女は何度も逃げ出そうと試みますがそのたびに拷問されてとうとう息絶えてしまったようです。
手には医師がインターネットから見つけてプリントアウトされたと思われるアルカディアの写真をしっかりと握りしめて。」

・・・。

「事の重大さに気づいた医師は、すべてを捨てて海外に逃避行しましたが、人間の本質はそうそう変えられるものではありません。逃亡先で出会った少女に同じことをして、助けに来た父親に銃で撃たれて即死でした。
日本で監禁されていたあの可哀そうな少女は、のちの警察の捜査で身元不明の変死体として共同墓地に葬られたそうです。」

 

つづく

「作家として発表するのはちょっと恥ずかしい」「処女作で自信がない」という方、どんな作品でも存在が知られなくては読まれこともなく自己満足で終わってしまいます。
せっかくのあなたの才能を眠らせてしまうのはもったいない!多くの方の目に触れ感想やご意見をいただくことで文章力を向上し、さらなる実力と自信をつけることができます。まずは、Q-Siteから露出を増やしていきませんか。

また、インターネット上ではバナー広告にリンクを張ることで様々のサイトから将来あなたのファンになる可能性のある読者を確保することも夢ではありません。Q-Siteでは、今回ご紹介しているこの作品についてストーリーのイメージから下記のようなバナー用PR広告を制作させていただきました。

読者やファンを増やしたいとお考えのあなたは、ぜひQ-Siteに作品PRのお手伝いをご相談ください

▷ お問い合わせ・ご相談はこちら

お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です