フリー(募集/投稿など)

【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載③/8)

*Q-Site は、WEBライター志望、作家志望の皆さまの発表の場をご提供するとともに、文章を書くことが好きなすべての方々を応援いたします*

 

AI 金庫の贈り物

~BAR ハニー エル・ドラード編~

作:神月 無弐

◆これまでのあらすじ◆
カクテルを飲み、エル・ドラードの入り口で理想の女性と再会した主人公。再び会うためにはAI金庫に保管されているレシピが必要だった。明かされたAI金庫の解錠条件:10,000ポイントの写真収集に奔走するが・・・

▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載①/8)
▷【書き下ろしⅠ】移動中・待ち合せの時間潰しに読める小説(連載②/8)

 

第2章 狂悦 ①


★2日目
僕はどんな時でもケイタイを手放さなくなった。仕事中も休憩中も、昼休みの屋上、営業先、移動中、買い物中でさえも。デスク作業しているOL、上司に叱られている新人、給湯室でうわさ話しているお局女子、食後に笑いながらおしゃべりに興じる社食の風景、公園のベンチでさぼっているサラリーマン、訪問先の美人受付嬢、プリクラの前に群がるJK、カラオケに向かう運動部であろう高校生たち、ママ友の井戸端会議・・・とにかく様々なシーンを切り取って撮りまくった。さて、今日の成果はと
【ご登録を承認いたしました。現在 302枚 302pt-解錠充填残:9,698ptです】
全部1ptか、これじゃ埒が明かない。いったいどういう写真がポイント高いんだろう?何か枚数を稼ぐいい方法は?と。僕はベッドに入って天井を見つめながら考え続けていた。

★3日目
カシャッカシャッカシャッカシャー
そう、昨夜、思いついた方法。連写だ。これならかなりの枚数が稼げるはず。試しにアプリに送信と。
【ご登録を承認いたしました。現在 303枚 303pt-解錠充填残:9,697pt*承認却下11枚/ 理由:連写モード判定です】
ダメか。連写は1カットとみなされるんだ。ならば、これはどうだ。送信と。
【ご登録を承認できませんでした。現在 303枚 303pt―解錠充填残:9,697pt*承認却下 102枚/ 理由:非オリジナル判定です】
「ゼロかよ!?」思わずボヤいてしまった。(あんなに頑張ったのに~)
マスターは画像ならどんな機種の端末を使ってもいいと言っていた。だからグラビアの写真雑誌をスキャニングして1冊分送ってみたのに。オリジナルでなきゃ受付けないか。ってことは、ネットで拾った写真もダメってこと。最終兵器、これはどうだ、送信と。
【ご登録を承認できませんでした。現在 303枚 303pt-解錠充填残:9,697pt*承認却下 103枚/理由:対象外動画判定です】
やっぱり動画もダメか。いいアイディアだと思ったんだけど、くたびれ儲けだったな。時間を無駄に使ってしまった。あとは地道にやるしかない・・・

それから数日間、僕は地道に被写体を探しては撮りまくっていた。

★6日目
路上でKissしてる幸せそうなカップルを見つけた。ベストポジションを探して移動。見つかってしまった。
「何、見てんだよ」
男に怒鳴られる。
「ス、すみません。」
急いでその場を離れた。逃げた先の歩道橋に階段を上っていくミニスカートの女性がいる。よく見ると脚の付け根にピンクの下着がゆがんだ台形に小さく見える。(ラッキー!これはパンチラ)すかさずケイタイのレンズを向ける。シャッター音を隠すように咳払いの真似をしながらシャッターボタンを押そうとするが指が震える。焦ってホームボタンを押してしまった。(わわああ)あわててポケットにケイタイを隠す。咳の真似に反応して女性は一瞬振り返ったが、写メで狙われていることには気づかれなかったようだ。(何やってんだ。これじゃ度を超えた隠し撮りじゃないか。)あやうく犯罪者になるとこだった。いかん、ポイントに目がくらんでいる。まだ理性はある。いくらユイのためでも悪に手を染めてはいけない。そんなポイントで喜ぶはずがない。場所を変えよう。
本日の成果
【ご登録を承認いたしました。現在 1,790枚 1,790pt-解錠充填残:8,210ptです】

★7日目
目覚ましが元気になっている。
もうこんな時間か。起きなきゃ。歯磨きしながら思う。
(今日でちょうど1週間。あと8,210ptって最初から無理な話だったのかな。いや、きっとそんなことはない。クリアした人がいる以上、僕にだってできるはずだ。ユイに会うんだ。がんばれ!僕)自分にエールを贈って気を取り直す。

バタバタバタ、ゴツン
鈍い音がして一面に血の海が広がった。通勤途中で地下鉄出入り口の階段を上ろうとした僕の前でそれは起こった。
何をそんなに急いでいたのか学生カバンを手に持って全速力で駆け下りてくる制服姿の女子高生が視界に入った直後、あと10数段あると思われる階段を踏み外して転げ落ち、頭を地面に叩きつけてしまったのだ。
「大丈夫?!誰か救急車呼んであげて」
と近くにいた女性が真っ先に近寄って大声を上げた。しばらくすると駅員が駆けつけ、続いて遠くからけたたましい救急車とパトカーのサイレンが輪唱し合いながら近づき、4~5人のレスキュー隊がストレッチャーを小走りに押しながらやってきた。その様子に野次馬が次々と集まり地下鉄の入り口は一時的にパニックになった。
僕は、身動きできなかった。ただ、ここ数日の何にでも写メを向ける習慣で女子高生の危ない足取りに気付いた時から無意識のうちにその一部始終を6カット撮影していた。

その日の昼休み
朝一からの会議で送れずにいた今朝撮った写真を6枚とも送信してみる。
【ご登録を承認いたしました。現在 1,796枚 1,895pt―解錠充填残:8,105ptです】
えっ!!マジかっ。いきなり 105pt。
確かに6枚送ったからどれか1枚100ptあるいは相対的に15pt以上みたいな組み合わせで合計ポイントを稼げたことになる。(嘘じゃなかったんだ)
ポイントの明細までは表示されないのでポイントの高い写真がどれなのかわからずじまいなのが残念だ。
僕は俄然ヤル気を取り戻した。

午後は営業先から会社に電話して直帰を伝えて街に出た。
・ウインドーショッピングを楽しむ若い女性
・公園で転んで泣いている子供とそれを見つめる母親
・下校途中の小学生の列
・野良猫にちょっかいを出してる子供たち
・ベンツの前で絡まれているスーツ姿の男
・失恋して慰められている泣き顔のOL
・美容院の帰りに強風にあおられた女性
・コンビニの裏口で賞味期限切れの弁当をあさるホームレスの写真
・駐車違反の切符を切られているドライバー
・駐輪場で自転車の鍵を探しているおばさん
様々な瞬間をおさえた。
今度は、ポイントの傾向を探るために1枚づづ撮っては送信を繰り返した。そしてわかった。ポイントの高い写真の傾向は
・理想や未来を求めているらしき人
・風景にあるべきではない人の行動
・レアなハプニング
だ。僕は仮説を立てた。AI-金庫が求めているエル・ドラードを平均化するためのデータは、人々の「明」の部分だけのイメージだけでなく、「暗」の部分を欲しがっているのでは。この世は不幸が多すぎる。
きっとエル・ドラードが救世主として世の中の不幸をなくそうとしている。そのための「暗」のサンプルデータ収集。この日の収穫は大きかった。
【ご登録を承認いたしました。現在 2,040枚 3,999pt―解錠充填残:6,001ptです】

—–☆ あと5日
僕は撮り続けた。
・メイド喫茶でセクハラを受けるバイトの女の子
・親権を巡って口論している離婚した夫婦
・デートでのコンサート明けに喧嘩するカップル
・ドアに立ち退きの貼り紙をされ嫌がらせされている人
・交通事故で流血しながら運ばれていく人
・お葬式なのに借金問題で言い争う家族
・店の裏でヤクザに殴られている風俗嬢
・火事の煙にむせて苦しんでいる人
・ペットがいなくなって探している人
・コンビニでたむろしているヤンキー
・病院で包帯を真っ赤に染めて倒れている人
【ご登録を承認いたしました。現在 3,921枚 6,577pt―解錠充填残:3,423ptです】
高ポイント傾向の法則に間違いはないようだ。

—- ☆あと4日
いつの間にか人の悲しみとハプニングを探してドキドキしている自分に気づいた。ケイタイのカメラでは物足りなくなって、とうとうデジタル一眼レフを買ってしまった。コイツを使って遠くから望遠で人物を切り撮る作業のスリルがいつの間にかクセになって快感に変わってしまった。ちょっとした探偵気分だ。
【ご登録を承認いたしました。現在 4,766枚 7,974pt―解錠充填残:2,026ptです】

 

つづく

「作家として発表するのはちょっと恥ずかしい」「処女作で自信がない」という方、どんな作品でも存在が知られなくては読まれこともなく自己満足で終わってしまいます。
せっかくのあなたの才能を眠らせてしまうのはもったいない!多くの方の目に触れ感想やご意見をいただくことで文章力を向上し、さらなる実力と自信をつけることができます。まずは、Q-Siteから露出を増やしていきませんか。

また、インターネット上ではバナー広告にリンクを張ることで様々のサイトから将来あなたのファンになる可能性のある読者を確保することも夢ではありません。Q-Siteでは、今回ご紹介しているこの作品についてストーリーのイメージから下記のようなバナー用PR広告を制作させていただきました。

読者やファンを増やしたいとお考えのあなたは、ぜひQ-Siteに作品PRのお手伝いをご相談ください

▷ お問い合わせ・ご相談はこちら

お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です